疼痛性感覚異常の認定

疼痛性感覚異常疼痛性感覚異常の認定は、難しい部分を持っています。本当に後遺症なのかを証明していかなければいけないからです。交通事故の後遺症であることを特定しなければ、後遺障害として認定されることがありません。そうなると、当然ですが慰謝料を請求することもできないようになってしまいます。加害者の保険会社もこの流れを待っているといえるでしょう。つまり、しっかりとした対策をたてていかなければいけません。弁護士に依頼するというのも、そのひとつになってくるでしょう。

一般的に疼痛性感覚異常は、医師でも判断が難しい部分を持っています。医師の判断のひとつとして、レントゲンやMRIがありますが、神経組織に関して言えば、判断ができないからです。そのため、専門医の元でできるだけ早い段階で検査を進めるのが一番となってきます。早期に診断を受けられれば、交通事故との因果関係を証明しやすくなるため、交渉も有利に進められるようになるでしょう。

交通事故の案件を得意としているような弁護士であれば、対処方法も考えていけるようになります。症状によって認定も変わってきますし、慰謝料の請求にも差が出てくることになるのですから、適切な弁護士に依頼するのが一番です。

わかりにくい判断

治療費交通事故で負ってしまった後遺障害の一つに、疼痛性感覚異常があります。神経障害のひとつではありますが、常に痛みに苦しまなければいけません。立証が難しいことからも、早めに専門医にかかるなどの対処が必要で、立証できる前に示談が成立してしまえば、その分を補償してもらえない可能性も出てきます。慰謝料や損害賠償も低くなってしまう恐れがあるのです。何が大きな問題かといえば、こうした神経症状は、外観からは判断が付きません。神経症状になると、レントゲンなどでもはっきりとした証拠にならないため、見過ごされてしまう可能性もあるのです。

加害者側の保険会社は、はっきりとした証拠がない以上、慰謝料に関しても支払いができないと通達してくるでしょう。さらに、治療費に関しても打ち切りを通告する可能性が出てきます。それでも、被害者がつらい状況に置かれていることに変わりはありません。交渉に乗ったとしても、大幅な減額を求めてくるのが一般的です。そういった状況にならないように、弁護士を使って交渉していくことも必要になってきます。保険会社はできるだけ示談金を支払いたくはないのですから、被害者側としてもしっかりとした交渉が必要です。

交通事故の後遺症

日本の社会事情を考えていくと、交通事故は無くなることはありません。なくなることがない中で、さまざまな被害を生じていることも間違いありません。毎日、どこにでも危険が潜んでいるわけですが、命を奪ってしまうような痛ましい事故もたくさん起きています。最悪のケースではありますが、そうならなくても、後遺症を残してしまう可能性は十分にあるのが交通事故です。車はどんなものであっても、ものでしかありません。しかし、人間の体は代替えが効かないのですから、大きな影響を残すことになるでしょう。

疼痛性感覚異常その影響のひとつとして、疼痛性感覚異常があります。CRPSやRSDと呼ばれますが、焼けるような痛みが慢性的に続くような状態です。CRPSは日本語に直すと複合性局所疼痛症候群と呼ばれています。総称のため、ひとつの状態を指しているわけではありません。交感神経の関与がありますが、神経損傷を伴わないものをRSD反射性交感神経ジストロフィーと呼びます。神経院生の疼痛が生じるものであり、四肢に出ることが大半です。

疼痛性感覚異常は、交通事故の後遺症であるのはわかっていても、判断が難しい部分を持っています。認定どころか、診断そのものが見過ごされてしまうことも少なくありません。立証の難しさを抱えていますので、早期診断と治療を考えていくとともに、弁護士を使い交渉をするなどの対処が必要になってくるでしょう。被害者は苦しんでいくことになるのですから、対処の参考にしていただければ幸いです。