わかりにくい判断

治療費交通事故で負ってしまった後遺障害の一つに、疼痛性感覚異常があります。神経障害のひとつではありますが、常に痛みに苦しまなければいけません。立証が難しいことからも、早めに専門医にかかるなどの対処が必要で、立証できる前に示談が成立してしまえば、その分を補償してもらえない可能性も出てきます。慰謝料や損害賠償も低くなってしまう恐れがあるのです。何が大きな問題かといえば、こうした神経症状は、外観からは判断が付きません。神経症状になると、レントゲンなどでもはっきりとした証拠にならないため、見過ごされてしまう可能性もあるのです。

加害者側の保険会社は、はっきりとした証拠がない以上、慰謝料に関しても支払いができないと通達してくるでしょう。さらに、治療費に関しても打ち切りを通告する可能性が出てきます。それでも、被害者がつらい状況に置かれていることに変わりはありません。交渉に乗ったとしても、大幅な減額を求めてくるのが一般的です。そういった状況にならないように、弁護士を使って交渉していくことも必要になってきます。保険会社はできるだけ示談金を支払いたくはないのですから、被害者側としてもしっかりとした交渉が必要です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket