疼痛性感覚異常の認定

疼痛性感覚異常疼痛性感覚異常の認定は、難しい部分を持っています。本当に後遺症なのかを証明していかなければいけないからです。交通事故の後遺症であることを特定しなければ、後遺障害として認定されることがありません。そうなると、当然ですが慰謝料を請求することもできないようになってしまいます。加害者の保険会社もこの流れを待っているといえるでしょう。つまり、しっかりとした対策をたてていかなければいけません。弁護士に依頼するというのも、そのひとつになってくるでしょう。

一般的に疼痛性感覚異常は、医師でも判断が難しい部分を持っています。医師の判断のひとつとして、レントゲンやMRIがありますが、神経組織に関して言えば、判断ができないからです。そのため、専門医の元でできるだけ早い段階で検査を進めるのが一番となってきます。早期に診断を受けられれば、交通事故との因果関係を証明しやすくなるため、交渉も有利に進められるようになるでしょう

交通事故の案件を得意としているような弁護士であれば、対処方法も考えていけるようになります。症状によって認定も変わってきますし、慰謝料の請求にも差が出てくることになるのですから、適切な弁護士に依頼するのが一番です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket